1.5次会が人気の理由「結婚式ムービーで感動を与える」

新郎新婦

挙式費用を抑えたい人

結婚式を挙げたいけど、挙式にかかる費用を準備できないという人は1.5次会という方法で結婚式挙げてみましょう。会費制で式を挙げることができるため、自己負担額を抑えることができます。最近は、海外で挙式を挙げた後にお披露目として地元で簡易的な挙式をあげたいと考える人も増えていると言われています。そのため、格式ばった結婚式ではなく二次会のようなラフさのあるアットホーム感満載の挙式を挙げたいという人が主に利用しています。会場を選ぶこともできるため、オープニングムービーを上映したい!という人は上映スペースのある場所を選んでみましょう。最近は、幹事の手間を省くために二次会代行サービスを行なっている業者もあるため、1.5次会の後に二次会を開催したいという人は利用してみてください。

日本ならではの雰囲気で結婚式をしたい人

白くキレイなウェディングドレスも多くの女性から人気ですが、最近は「和婚」と呼ばれる挙式スタイルも人気を集めています。和婚は、日本ならではの挙式スタイル「神前式」を挙げることができるため神社などで式を挙げることができます。白無垢には、ウェディングドレスとは違った美しさがあるため和装が好きな人達には最適でしょう。

1.5次会のメリットをランキングで紹介!

no.1

自己負担額を抑えることができる

1.5次会での挙式方法なら、通常の結婚式よりも自己負担を抑えることができると言われているため軽く結婚披露宴パーティーをしたいという人から人気を集めています。1位になった理由の一つとして、会費制で金額も決まっているためゲストが参加しやすい傾向にあると言われています。

no.2

沢山のゲストを招待することができる

結婚式を挙げる場合、結婚式人数を調整する必要があります。そのため呼びたい友人が居ても呼ぶことができない・・・という場合もあるでしょう。しかし、1.5次会なら人数に合わせて会場を選ぶことができるため沢山のゲストを招待することができるため2位に選ばれています。

no.3

アットホーム感満載のパーティーができる

結婚式のように格式張った披露宴パーティーよりも、アットホーム感のある披露宴パーティーを開催することができるでしょう。アットホーム感満載のパーティーなら、招いたゲストとの距離が近いため久しぶりに会った友人とも気軽に会話を楽しむことができます。そのため、3位に選ばれています。

結婚式の方法に悩んだら・・・

挙式をしたいけど金銭的なことが悩みで挙げることができないという人や、昔ながらの方法で挙式を挙げた方がいいのかで悩んでいるという人はそれぞれの方法を比較してみてください。比較結果を見れば、イメージしやすくなるでしょう。

挙式を挙げるならどっち?!「和婚VS1.5次会」

和婚

昔ながらの挙式を利用した、神社での神前式です。神前式では白無垢を着用するため、和装好きの新郎新婦には最適な方法です。会食とセットになっているプランもあるため、親族だけで挙式を挙げたいという人達が注目しています。

1.5次会

自己負担額を抑えた方法で挙式をしたいという人は、1.5次会という方法を利用してみましょう。この方法なら、会費制のため自己負担額を抑えることができます。また格式ばった形式ではないため、ラフな感じで楽しむことができます。

[PR]
結婚式でムービーを取り入れよう
感動に包まれたいなら必見!

[PR]
二次会代行は専門業者へ!
みんなが楽しめる方法。

広告募集中